年を重ねる度に増えてくるシワやたるみ、皮膚のくすみなど、体の老齢化を示すこれらの徴候に多くの女性は悩んでいることでしょう。
外見が老けてくると精神も弱くなり老けこんでくる恐れがあります。

高齢になるにつれ、これらの現象が現れるのはごく自然なことですで、ある面仕方のない事ですが問題はいかにこれらの現象を遅らせるかということです。

加齢によってシワやしみなど肌が衰えるということをエイジングと呼びますが、このようなエイジングを食生活の改善やスキンケアなどで改善していくことをアンチエイジングと言います。

いつまでも美しくいたいという女性にとって、「エイジング」という言葉の響きは恐ろしいものです。

健康食品やスキンケアなどで、アンチエイジングをうたう商品はたくさん出回っていますが、その中でもとりわけ効果があるのが「青汁」なのです。

青汁といえば豊富な栄養分を含んだ健康飲料というイメージがありますが、青汁のどのような成分がアンチエイジングの効果があるのでしょうか?


青汁にアンチエイジングの効果があると見られているのは「メラトニン」という成分が含まれているからなのです。
メラトニンは脳のほぼ中央に位置する松果腺という部分から分泌される物質です。
メラトニンはホルモンの一種で別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

私たちに老化をもたらす大きな原因の一つが「活性酸素」で、活性酸素は体内の細胞をさびつかせ衰えさせてしまいます。
これが体内の諸器官の病気の元ともなるのですが、外見的にも活性酸素はシワやたるみを作る原因となっています。
この活性酸素の活動をおさえて、老化を予防することができる物質が「メラトニン」なのです。
ですからメラトニンをたくさん摂取することによって、活性酸素の働きを抑え、シワやたるみを予防する「アンチエイジング」効果がのぞめるのです。

若返り薬とも期待される「メラトニン」は今や世界中から注目される物質です。

この貴重な「メラトニン」が実は青汁に豊富に含まれているのです。

青汁に含まれる主原料のケールにはキャベツ5倍分ものメラトニンが含まれています。

青汁を毎日飲むことを習慣にすることによって豊富なメラトニンを摂取でき、お肌を老化から守ることのできる「アンチエイジング」効果を期待できるのです。


メラトニンにはアンチエイジング効果だけでなく他にも様々な健康効果をもちます。

別名睡眠ホルモンとも呼ばれるくらいですから、安眠の効果があり、睡眠と覚醒の調節をして、脈拍や体温、血圧を下げ、良質の睡眠を得られるように体を誘導します。
質の良い睡眠はアンチエイジング効果とも密接な関わりがあり、美肌づくりにとても重要なのです。

その他にもメラトニンはストレス解消、リラックス、抗がん効果、血糖値やコレステロール値の調整、血圧のコントロールなど様々な効果があります。




















プラセンタ ミュゼ予約